2010年09月02日

今季残り〜2011年の霧野的必見選手

そろそろ趨勢が決まりつつある両リーグ。
去年終盤の楽天級をも超える無双っぷりが無い限り、
現4位チームの逆転CSは多分無理。

そんな今年のペナントレースを支えた、あるいは
これから決戦〜ポストシーズンのキーパーソンとなるかもしれない
エキサイトな選手を霧野の好みと独断で紹介。
あ、誰が見てもスターと言う選手は敢えて外してます。


的場(ロッテ)
ホークスでは斉藤とのセットでしか語られなかった彼が
ここまで重要な存在になるとは誰が予想しただろうか。
打率を見る限りでは攻撃力は相変わらず全く期待できないし、
肩もやっぱり捕手としては決して強い方じゃないのに、
それでもあの里崎をも脅かすほどの地位を築き上げた。

「女房役」「扇の要」などと称される捕手の場合、
目に見える派手な成績なんて無くても、
投手や野手の信頼を得られるだけの人柄や
コミュニケーション能力があれば「良い捕手」となりえる。
そんな事を改めて教えられたような気がする。

勤続疲労のためか里崎の故障がちに拍車がかかってる事、
「和」をスローガンとし無形の力を重んじる西村監督の傾向、
こう言った要素はもちろん無視できないけれど。
とにかく数字やデータばかりで語られがちな野球に
まだまだ彼のような選手が輝く余地がある事は、
全ての野球ファンにとって幸せな事ではないだろうか?


朝井(巨人)
パワー&タフネスが売りの、右のカーブピッチャー。
楽天では台頭著しい永井が比較的タイプの近い投手であり、
性質がかぶっている上に相手がイケメンでは分が悪く……
と言う訳ではないだろうが不振が続いて巨人にトレード。

典型的な「投げさせてみないとわからない」系なのだが、
良い時の彼のカーブには工藤や桑田のような
一世代前のエースが投げていたそれに近い魅力を感じる。
……若さゆえかまだまだそんな大エースほどの技巧は無く、
あまりによく切れるカーブを本人が制御しきれていない、
そんな印象の場面も度々見受けられるのはご愛嬌。

PL出身で野手としてのセンスも評価されていた、
そう言う意味でも桑田直系の後輩と言える朝井が
巨人に入ったのはある種の運命なのだろうか。
発展途上の楽天でシーズン10勝寸前まで行った大器が、
偉大な先輩をあっと言わせるところを見てみたい。


石川(横浜)
彼の名前を最初に知ったのは、あの因縁の試合。
古田選手兼任監督が2000試合出場と言う最後の節目を迎えるも、
試合の流れは横浜大幅有利と言う状況で代走として出場した彼が
(空気を読まず?)盗塁を決めて乱闘騒ぎに発展した一戦。

あの一件については俺なんぞよりよっぽど野球通な方々によって
もうさんざん語り尽くされているので置いておくとして。
昨年ほぼレギュラーの座を掴んだ時には、
当時は「ヤクルト石川投手と同姓」くらいの認識しか持たなかった
あの若いのがここまで来たか、と感慨深い気持ちになったものだ。

昨年の成績そのものはもうひとつ力及ばず
「打てない、守れない」に終わってしまった彼が
シーズンオフに勝ち取った年俸倍増+背番号7。
その時は多くの横浜ファンが彼と球団を批判したであろうが、
今年の活躍はそんな前評判を覆してなお余りあり、
低迷の続く横浜に数少ない明るい話題を提供し続けている。
四球の少なさ、相変わらずの球際の弱さなどまだまだ課題は多いが、
今後も順調な成長を願わずにはいられない。


川端(ヤクルト)
シーズン前には「妹が新発足の女子プロ野球入り」と言う
自身に直接関係のないところで話題になった若き大型遊撃手。
俺自身がヤクルト贔屓と言う事もあって
実は彼のプレーは入団当初から何度も見ていたのだが、
とにかく印象に残ったのは失礼ながら「守備の拙さ」。
これじゃ宮本の後は継がせられないな、とか
伸びる方向は主に攻撃面だろうな、とか考えていたのだが、
今年途中から姿を現した「成長した川端」の姿は
ある意味で予想通り、ある意味で予想以上のものだった。

さすがに入団当初よりはだいぶマシになったものの、
相変わらず打球判断が頼りない。安定感が欠片もない。
しかし、打撃面はと言うとこれが伸びたなんて次元じゃない。
左打席からコースに逆らわないシュアな打撃で
右へ左へと鋭い打球を飛ばす姿はまるで青木がもう1人いるよう。

身体能力が高く、リストの強さを生かしたパンチ力も秘めるので、
彼の目指す姿はかつて不動の3番だった岩村になるだろうか。
来年は是非とも1年通して活躍するところを見たい。
posted by 霧野 流 at 06:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 野球

2010年07月31日

ゲーオタジェネレーション

今の30代にとって、誰もが知っているのはスト2だった。
今の20代にとって、誰もが知っているのは恐らくポケモン。

今の子供たちにとって、誰もが知っているのは何だろう。
posted by 霧野 流 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年06月08日

ずぼら三十路男のおつまみ・3

・もやしを茹でる。

・ごま油、塩、醤油で和える。

これだけで韓国ナムル風の即席おつまみが完成。
刻みのり、煎りごま、唐辛子などを薬味に使うともっとおいしくなる。

ごま油の代わりに「食べるラー油」の油部分を使うのも面白い。
posted by 霧野 流 at 18:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月19日

ずぼら三十路男のおつまみ・2

マヨポンのディップ。野菜スティックにつけていただきました。

・たまねぎをみじん切りにして軽く炒める。

・炒めたたまねぎとマヨネーズ、ぽん酢を混ぜる。
 重量比はたまねぎ1:マヨ1〜2くらい。
 ぽん酢は入れすぎると粘り気がなくなるので少なめに。

・薬味を少量加えるともっとおいしい。
 刻みのり、胡麻、わさび、一味唐辛子あたりがおすすめ。
posted by 霧野 流 at 14:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年05月12日

ずぼら三十路男のおつまみ

実家暮らしなので、仕事が楽になるとその分
家事がこちらに回ってくる比率が高くなる。

そんな訳でずぼらな自分も料理をする機会が増えてきたので、
料理をした日はその時のレシピを書いてみようかと。
料理と言えるほどでもない物ばかりですが、お付き合いのほどを。


材料(1人分):
鶏ささみ1〜2本 水菜1/3〜1/2袋
ゴマダレorゴマドレ適量 きざみ海苔適量

・水菜は食べやすい長さに切って軽く湯通し。

・鶏ささみは真ん中まで白くなるくらいしっかり茹でる。
 茹で上がったささみは手でほぐす。

・水菜とほぐしたささみを皿に盛り、
 ゴマダレorゴマドレを好みの量だけかけて
 きざみ海苔を散らせば出来上がり。


※一応バンバンジー風のつもりですが、ぶっちゃけた話
 やってる事は冷しゃぶとほとんど変わりません。
 なので肉を豚肉にしたり味付けをぽん酢にしたりしても
 おいしくいただけます。
posted by 霧野 流 at 01:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2010年04月07日

´;ω;`

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100407-00000026-jij-spo

よくある「誰からも愛される」「誰からも慕われる」と言う枕詞、
少なくとも球界においてはこの人ほど似合う人もそうはいなかったと思う。
ヒーローインタビューでの、穏やかな人柄が伺える受け答え。
守備では究極のユーティリティプレーヤーとして穴を埋め、
打撃では巧打と小技でチームバッティングに徹するプレースタイル。

こうなってしまっては、今はただ「お疲れ様でした」と言う他はない。
でも…… 早すぎるよ……
posted by 霧野 流 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年09月04日

オタクの限界?

http://money.jp.msn.com/banking/yucasee/11/2p.aspx
普段はこの手の辛口記事はあまり好きではないのだけど、
こればかりは妙に共感すると同時に耳が痛かった。

やっぱり、オタクの創作って「好きなもの」を追う事しか出来ないんだよね。
そして「好きなもの」とは「既に存在するもの」な訳で。
既存のものを追いかける限り、新たな道を切り開く創作にはなりえない。

新しけりゃいいって物でもないけど、やっぱり新たな道には憧れる。
憧れるだけだがね。そのためにするべき事なんてわかるはずもない。
誰も見たことのない、誰も気づいていない道なんだから。
posted by 霧野 流 at 14:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年08月27日

夏風邪と衆院選。

職場のクーラー寒すぎてこんな時期に風邪ひいたorz
例のインフルの可能性あるので、とりあえず病院で診断だけでも
出してもらわない事には身動き取れない……orz

で、家でぼけーっとTVやらポータルサイトやら見てると世間はさすがに選挙一色。
しかし今回、俺の乏しい人生経験の中では稀に見るgdgd選挙。
自民が大チョンボしない限りつけ込む隙は少なかった、
まあそこまではわからない事もないのだけれど、
小沢さんまで大チョンボやらかしたり、国旗切り貼り事件起こしてみたりで
土俵際で詰めきれない民主の情けなさも相当なもの。
ポカをやらかしては相手がそれを見て足元をすくいに来る、
それを延々と応酬してるだけに見えて仕方ない。

……選挙って、こんなものでいいんですか? 先生方。
posted by 霧野 流 at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月28日

1800年前の単純所持規制。

http://www28.atwiki.jp/erogekisei/

歴史ヲタの俺が単純所持の禁止と言う謳い文句で思い出すのは、
三国志において蜀漢昭烈帝こと劉備が禁酒令を発した時の逸話。

この時、劉備は「醸造道具の単純所持」をも規制し、
実際に醸造道具を所持していた民を多数投獄。
そして旗揚げ以来の旧友である簡雍と巡察を行った時の事。
簡雍は唐突に街の若い男女を指し、
「殿、あ奴らは取り締まられないのですか?」と問う。
なぜ取り締まらねばならぬのか、と劉備が聞き返すと、簡雍いわく
「彼らは淫行の道具を所持しているではありませんか」。

さすがにこれには一本取られたと感じ入った劉備、
すぐに単純所持で投獄していた民を全て釈放させたとさ。


まさか、近代政治家ともあろう者が1800年前の権力者よりも
思想・思考面で遅れているとは思いたくないものですねぇ。
posted by 霧野 流 at 13:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2009年06月11日

二次元叩きの流れに思う事。

そもそも漫画やゲームの類は、
子供が気軽に外で遊べない世の中になってきた事で
需要が増えて発展した側面があったりする訳で。

外で遊ぶ>危ないからやめなさい
じゃあ家で遊ぶ>漫画やゲームは良くない
だったら何すればいい?>子供は勉強しなさい

世間様の言い分って、こういう事なのかねぇ。

……本当に勉強だけで育った子供って、どんな風になるんだろうな。
遊んでばかりで育った俺には想像もつかない世界だ……
あ、でも高校の同級生に「サザエさんを知らない」子がいたような……
posted by 霧野 流 at 02:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記