2008年07月25日

文字数。

霧雨の野望の方で初めて文章本を作った事もあり、ちょっと気になって調べてみた。

・電撃大賞小説部門の規定文字数は
 42文字×34行×80〜130枚=約12〜18万字
 あるいは400字詰原稿用紙×250〜370枚=約10〜15万字

文庫本の文字数より
 多めに見積もりだいたい1ページ700文字と考え、
 手元の文庫本が200〜300ページ=14〜21万字。
 ラノベ本だともっとページ数多かったりするけど、ラノベの文体は
 空白行などを多用していたりするので1ページ当たりの文字数が減る。

小説(文章)を書くのに役に立つかもしれない豆知識より
長編:400字詰め原稿用紙300枚程度の小説。  =12万字前後。


総括して、だいたい15万字も書けば「文庫1冊分のボリューム」を名乗れる模様。
ただ書くだけなら多少の慣れと時間があればどうにでもなる量だけど、
さらに推敲して、どうしても出てしまう悪い癖を極力消して……などと考えると
途端に途方も無い文字数に見えてきたり。

文の道は険しい。
posted by 霧野 流 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記